この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
幕末期は、戦国時代と共に、激動の時代ですね。
こういう乱世には、英雄と呼ぶにふさわしい人がたくさん登場します。
 
日本が近代国家へと移行するこの時代、様々な立場で今後の日本の行く末を案じ、身を捧げて戦う人がたくさんいました。
 
中でも、歴史的に見ると敗軍なのに、「新選組」の人気は根強いです。
特に、「鬼の副長」土方歳三の人気は絶大です。
 
かくいう、私も大好きなのです。(´▽`*)
都落ちして会津、五稜郭へと敗退するうちに、この人はどんどん人間的にかっこよくなっていく感じがするんですよ。
 
もともと司馬遼太郎の作品が好きなので、「燃えよ剣」で一気に興味が沸き、いろんな小説や文献を読むようになりました。
 
で、やっぱりモテる素質のすごくある人だなあと、思うのです。
 
今回は、土方歳三のキャラクターについて、エピソードを交えて紹介します。

 

スポンサーリンク

やっぱり怖かった「鬼の副長」


 
新選組といえば、鉄の掟血の粛清
 
この組織は、どちらかというと敵よりも内部の人への粛清が目立ちます。
 
もともと烏合の衆で、目指すものが微妙にずれている人が多かったため、規律を厳しくしなければ統制が取れなかったのでしょう。
 
勤皇の志士に対する拷問や、内部の掟破り・裏切り者の粛清、取り締まりを統括していたのが、副長の土方歳三でした。
 
内部粛清は、初代局長の芹沢鴨(寝込みを襲ったので暗殺に近いですが)やナンバー2の山南敬助など、かなり組織の上位の人も対象になっています。
 
新選組は、当時の京の町人からは、無骨で血生臭いところから「壬生狼」と呼ばれ、あまり好かれていなかったようです。
 
でも、色男は例外なのでしょうか?
鬼の副長は、やたらと色町でも人気者だったようですよ。(^^)

 

イケメンモテモテ説

 
幕末は、かなり現代に近いので、写真に残っている人もいます。
 
土方歳三もその1人です。
確かに女子にモテそうな端正な顔立ちをしていますね。
身長も168cmと当時にしては長身で、すらっとした体型です。
 
そのイケメンっぷりは、地元でも有名だったそうですよ。
 
京の都では、新選組はあまり人気がなかったけれど、この人は例外で色町でも大人気でした。
 
面白いのが、故郷の姉に宛てて
「とにかくモテまくって仕方がない。仕事に手が回らないほどだ。」
 
と何度か手紙を送っているところです。
 
拷問とかやってた人とは思えない、この可愛さ♥
(すみません)( ̄▽ ̄)

 

俳句が好き

スポンサーリンク

 
新選組といえば、バリバリの武闘派なイメージですが、なんと土方歳三は、俳句をたしなむ風流な一面がありました。
 
「豊玉」という俳号を持ち、故郷を立つ前に『豊玉発句集』という全部で41首の俳句をおさめた発句集を残しています。実は、土方家は、「俳諧の連歌」などをみんなでたしなむ風流な家でもあったのです。
 
司馬遼太郎によると、はっきり言って俳句は下手くそなのだそうですが、忙しい人で精進することなどできなかったでしょうから、当然といえば当然だと思います。
 
そんな土方さんの有名な代表作はこちら!

 
1.梅の花 一輪咲いても 梅は梅
 
実は私、この句、すごく好きなのです!
 
一度聞いたら覚えるこの簡潔さ、潔いと思いませんか?
 
自然の中に咲く梅の花を、すごく素直な気持ちで詠んだ句だなと思えます。
「写生」に通じますね。
 
土方歳三の俳句は、俳句の専門家たちからは、酷評されまくっています。
でも、私は、すごくきれいな目をした子供が詠んだ句のように思えるのです。

 

2.差し向かう 心は清き 水鏡

 
近藤勇や沖田総司などと指し向かって座った状態で、その心は水鏡に写したように同じ理想を持っていて清らかだという意味です。
 
京に上ることを目前にして、武士として生きる覚悟を詠んだ歌ですね。美しいです。

 

剣の腕は確かだった!?


 
土方歳三は、武術はどれほど強かったのでしょう?
 
新選組で剣豪と知られるのは、永倉新八、沖田総司、斉藤一です。
 
土方歳三は、彼らには及ばなかったようですが、「天然理心流」の剣士で、かなり強かったそうです。そして、なぜか喧嘩は、アホほど強かったそうです。
彼は立場的に指揮官なので、これぐらいで十分強かったといえるでしょう。
 
最近は、乙女ゲームやアニメの影響で、名刀ブームが起こっていますね。
 
土方歳三が愛用した刀として、よく知られているのが、大刀「和泉守兼定」です。
 
実は、この刀だけでなく、他にも大刀「葵越前康継」と脇差の「堀川国広」があります。
 
「堀川国広」は、今は失われてしまいましたが、「和泉守兼定」と「葵越前康継」は実物が保存されています。

 

1.和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)

 
「和泉守兼定」は、実は2本あります。
 
1本は、11代和泉守兼定作の大刀で、京都守護職で会津藩主の松平容保より下賜されたものです。新撰組副長として京都にいた当時に使用していました。この刀は、研ぎ師の記録に残っているので実存したのは確かなのですが、現在は行方が分かりません。
 
もう1本は、12代和泉守兼定作のもので、箱館戦争の際に、義兄・佐藤彦五郎に贈られました。その後、佐藤家から土方歳三の実家に贈られて、現在は土方歳三の生家のあった場所にある「土方歳三資料館」に展示されています。

 

葵越前康継(あおいえちぜんやすつぐ)

 
「葵越前康継」は南蛮鉄を使って作られた刀匠です。
 
土方が持っていた刀には刀剣の試し切り役として有名な山田浅右衛門家の八代山田浅右衛門吉豊とその兄の在吉が試し切りをしたという銘が刻まれています。かなりの名刀なのですよ!
 
この刀は、甲州勝沼の戦いの敗戦後に、土方が義兄の佐藤彦五郎に贈ったため、現存しています。現在保管されているのは、「佐藤彦五郎新撰組資料館」です。

 

 
私の一押し‼
生き方のかっこよさが際立つのは、この小説です。(*’▽’) 

  ↓ ↓

スポンサーリンク