この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


 
こんにちは。
 
「関ケ原の合戦」で西軍で活躍した武将に、島左近という人がいます。
凄くかっこいい武将ですよ。
 
 
そして、
「三成に過ぎたるものが2つあり。島の左近と佐和山の城」
という言葉があります。
 
石田三成が持っている、その器に相応しくないほど素晴らしいものの2つに、名前が挙げられているんですね。
 
島左近と佐和山城を上げつつ、石田三成を下げている感じが何とも言えませんが、個人的にすごく納得できる言葉なのでした。
 
石田三成は、評価も好みも分かれる武将ですね。
私は、こういう頭の良い公務員みたいな人、有能とは思いますが、あまり好きではありません。
 
ですが、なんで三成に仕えたの?って思えるぐらい島左近は、武将らしい武将なのです。
 
もうね、最期が、これぞ武将という感じで、すごくかっこいいのですよ。
それでは、その活躍ぶりを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

島左近の前半生は、謎に包まれている

 

 
「関ケ原の合戦」の後、島左近と直接戦った黒田長政隊の者は、その名を聞くだけでも震え上がったそうです。
 
そんな風に勇猛でならした左近ですが、その前半生は謎に満ちていました。
 
出身も大和、尾張、近江、対馬などいろいろ説があり(有力なのは大和説)、筒井氏、蒲生氏に仕えましたが、関ケ原の前には浪人になっていました。彼は、当時から勇猛な武将として知られていたので、多くの大名がスカウトしていました。
 
石田三成もその一人です。
三成は、自分の持っている石高の半分を与えるから、仕官してほしいと申し出たという逸話が残っています。とにかく、三成の熱心なラブコールに応える形で、島左近は仕える覚悟をしたのでした。
 
石田三成は、官吏としては優れていましたが、武将としては三流で、それを補ってくれる武将を探していました。また、左近も、人生もう一花咲かすことができるということで、お互いの利害が一致したのでしょう。

 

スポンサーリンク

関ケ原で散った西軍の勇将・鬼左近

 

 
まずは、関ケ原の前哨戦と呼ばれる「杭瀬川の戦い」で、島左近ら西軍は圧勝します。
 
このまま勢いに乗りたい感じがしますね。
 
島津義弘は、このまま家康の本隊に夜襲で先制攻撃をかけようと提案しますが、石田三成はこれを却下します。
 
このとき、島左近も島津義弘とともに夜襲に賛成していました。
こういう武将の力量を認めて取り入れる器量のないところに、石田三成の残念さが表れています。
 
島津義弘は完全にへそを曲げて、「関ケ原の合戦」では、やる気なしでした。
 
 
1600年、9月15日、午前8時頃、「関ケ原の合戦」は、井伊直政隊の発砲で始まりました。
 
その後、西軍の宇喜多秀家隊と東軍の福島正則隊がぶつかる中、島左近は少数の手勢を伴って、黒田長政隊に切り込みます。
 
始めは、島左近隊が押していましたが、黒田長政隊は、脇に鉄砲隊を迂回させており、側面から一斉に発砲しました。さすがですね。
 
馬上の島左近は、狙い撃ちされて、重傷を負ってしまいます。
 
この黒田隊の側面攻撃は、なかなか効果的で、西軍の島左近隊・石田三成隊に大きな打撃を与えます。
 
負傷した左近は、一旦、傷の手当てをしに陣に戻りますが、再び出陣して、敵の群集の中に、消えていったのでした。
 
それ以来、島左近の姿を見た者は、いませんでした。
 
 
最期は、鬼気迫る戦いぶりで、対戦していた黒田隊の者が、恐れをなして誰も直視できなかったとか。
 
そのせいか、彼の首は、見つかりませんでした。
本当に、関ケ原の戦いのさなかに、消えてしまったのです。

 

生存説もあるけれど、彼らしいかっこいい最期だ

 

 
島左近は、結局、誰も最期を知ることがなく、消えてしまいました。大谷吉継のように、後で介錯をしたものがいたなどの目撃情報も皆無でした。
 
勇猛で知られた武将が戦場で消えたとなれば、そう、生存説が出てきます。
 
でも、彼がもしも生きていたら、また、どこかの戦場に姿を現しているような気がするのです。
 
そんな風に、消えてしまったところまで、かっこいい生き様なのでした。

 
 
【関連記事】
  ↓↓
大谷吉継の病気は何だったの?関ケ原に散った義に厚い白頭巾の武将
 
島津義弘は最強武将!?関ケ原で敵中突破を成功させた「捨て奸」とは?
 
関ケ原の戦い!東軍の勝因は小早川秀秋の裏切りだけではなかった!
 
関ケ原の戦い・小早川秀秋は裏切者ではなかった?真の裏切者はこの4人だ!
 
赤鬼・井伊直政の決断!関ケ原の合戦は遅刻者続出で東軍も実はヤバかった?

 
  

スポンサーリンク