この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
こんにちは、茉莉です。
 
もとはキリスト教のミサだったクリスマス。
 
本当は厳かな宗教行事なのかもしれませんが、日本ではワクワクキラキラする素敵なイベントになっていますね~。
 
外国の文化をアレンジして取り入れるのは、日本人の得意技です♪
 
今回は、クリスマスの歴史をその発祥はどこなんだ~というところからお伝えしていきますよ。

 

スポンサーリンク

日本で初めて祝われたクリスマス

 

 
1549年、室町時代にイエズス会の宣教師、スペイン人のフランシスコ・ザビエルが、日本にやって来ました。
 
目的は、もちろん、キリスト教(ローマカトリック)を広めるためでしたよ。
 
彼は、大内義隆の許可を得て、今の山口県でキリスト教の布教活動を始めました。その後、ザビエルの後を受けて、コスメ・デ・トレーラスが、この地にやって来ます。
 
このコスメ・デ・トレーラスが、1552年に、司祭館でクリスマスのお祝いをしたのです。それが、日本で初めて行われたクリスマスのミサだといわれますよ。
 
なんでそれがわかるのかというと、信長など戦国武将の記録もたくさん残しているルイス・フロイスの『日本史』に書かれているのでした。
 
フロイスの『日本史』は、外国人が書いたということで、かなり信ぴょう性が高いと参考にされている書なんです。そういえばフロイスもイエズス会の宣教師でした。彼はポルトガル人です。
 
九州地方は、これ以降、キリスト教徒がどんどん増えていきました。

 

山口に残る「ザビエル記念聖堂」

 

 
山口市の亀山に、「山口サビエル記念聖堂」という建物があります。
この建物は、1952年に「ザビエルの山口来訪400年記念」で、建てられたそうです。
 
キリスト教会らしいクラシカルでオシャレな外観と、時報がわりになる金の音は、広く市民に愛されていたとか。
 
でも、その建物は、1991年に火事で焼失してしまいました。
 
今、その場所には、モダンなデザインに一新した新聖堂が再建されて、鐘の音も朝夕に響くようになっています。
 
16世紀に、極東まで布教にやって来たイエズス会の宣教師たちは、たくましいですね。神に命を捧げているから、できる事かもしれません。
 
 
でも、ここでちょっと西洋史目線で俯瞰して見ると、この時代は、ヨーロッパでは「宗教改革」が進んでいた時期です。
 
イエズス会の所属先ローマカトリック教会は、当時、汚職と賄賂にまみれていました。それに抵抗したのが、信仰の本質に戻ろうと訴えた信教徒(プロテスタント)です。
 
プロテスタントは、ネーデルランド(今のオランダ・ベルギーあたり)などで流行りますが、スペイン・ポルトガルは、ローマカトリックへの信教が根強く残っていました。危機感を感じたローマ教会は、イエズス会にアジアなど他の地方に布教し、信徒を増やすように指令を出したのでした。
 
当時の、ローマ・カトリック教会の多くの聖職者は、富を貯えて私欲に走り、腐敗していたんですけど、宣教師になる人たちは、真剣だったのでしょう、多分。

 

スポンサーリンク

ローマカトリックとプロテスタントの違い

 

 
日本のキリスト教徒人口は、約1%だといわれます。
 
その割には、キリスト教系の私立の学校は多いですね~。
実は、うちの娘、プロテスタントの学校に通っています。
 
でも、宗教色は、ほとんどないです。
だから、江戸幕府は、プロテスタントのオランダとの交易を例外的に許可したのですね。布教活動をしないビジネスライクな付き合いができる国だと判断したのでしょう。
 
学校での宗教行事は、毎朝、「礼拝」という名の中身はただの朝礼があることと、クリスマスにページェントという無言劇をするぐらいです。
 
ページェントは、劇に出るのは1クラス2人の希望者だけで、残りは観客です。
京都の学校なので、お寺のお子様も、意外と多くてびっくりでしたよ。
(京都市内は、禅寺が多いんです。)
 
ローマカトリック系の学校は、学校に「シスター」がいると聞きます。
 
一番の違いは、マリア像があるかないか、十字架に磔にされたキリストの像があるかないかですね。
 
学校だけでなく教会も、この違いでわかります。
 
ローマカトリックは「偶像崇拝あり」、プロテスタントは「偶像崇拝なし」です。
 
他には、ローマカトリック、プロテスタントの順に・・・
 
神父ーー牧師
ミサーー礼拝
教会が豪華ーー教会がシンプル
儀式が多いーー讃美歌合唱が多い
十字架を切るーー十字架を切らない

 
などの違いがみられます。
 
 
 
ちなみに、娘はキリスト教系学校に通わせていますが、私は無宗教です。
その学校を選んだのは、宗教以外の面でよいと思ったからなのでした。
 
でも、神様を信じないといえばそうではなくて、昔から日本にいる「神様の存在」は、信じています。
 
それが日本人のルーツだと思うんですよ。
マイナスイオンいっぱいのパワースポットが、神社仏閣に多いというのも、なんとなく納得です。
 
仏教の場合、釈迦はキリストのような「崇める神」ではなく、仏になる道筋を示してくれる先人で、仏道とは仏になるための修行の世界だと思うので、哲学に近いなーと感じるのです。
 
 
宗教観は、人それぞれですね。
これはあくまで、私の感じ方なのでした。

 
 

スポンサーリンク