この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
こんにちは。
 
 
源義経といえば、数々の伝説を残す英雄です。
地位のある色男の例にもれず、彼も、たくさんの愛人を抱えておりました。
 
 
よく知られているのは、歌舞伎でおなじみの静御前(しずかごぜん)ですね。都随一の白拍子との鳴り物入りの美女設定です。(ほんとのところは分からないので)
 
 
静御前は、義経が都を追われたときも同行しています。
でも、彼女は吉野の山で、京に戻るように命じられました。
 
 
吉野山、行ったことありますか?
今でもすごい山、というか山脈ですよー。
従者はついていたとしても、ここまできて帰れとは!
吉野から京都は遠いぞ~!
 
 
で、結局、彼女は従者に金目の物を奪われた挙句、敵方(北条氏)に捕まってしまいます。
 
静御前のその後はこちらをどうぞ♪
源義経の愛人・静御前★白拍子のプロ根性
 
 
一方、命からがら逃げる苛酷な旅にもかかわらず、彼が最後まで連れて行った女性がいたのです。しかも、赤ちゃん連れです。
 
 
それが、正室(北の方)・郷御前(さとごぜん)です。
 
 
郷御前は、あまり知名度高くなく、記録にもほとんど残っていません。でも、離縁するタイミングはいくらでもあったのに、義経は奥州までしっかり一緒に連れていったんですね。これは大きなポイントですよ。

 
 

スポンサーリンク

波乱万丈の結婚生活

 

 
『吾妻鏡』によると、源義経の正妻の郷御前は、河越重頼の娘です。
河越重頼は頼朝ゆかりの部下で、この結婚は、源頼朝の命で決められたものでした。
 
 
つまり、ぜんぜん恋愛結婚じゃなかったんです。
彼女が義経に嫁ぐため上洛したのが1184年の秋、激動の年ですよ。
 
 
義経はこの年1月に木曽義仲を倒して京に入り、その後、2月に鵯越の逆落としで知られる「一の谷の合戦」で平家を破って、飛ぶ鳥を落とす勢いで連勝を重ねていました。
 
 
そして、翌年3月には、「壇ノ浦の戦い」でとうとう平家一門を滅ぼします。
 
 
でも、でもでもでも、
義経の快進撃はここまでなのです!
 
 
最大の功労者のはずの義経は、なぜか兄の頼朝に冷遇され、鎌倉入りを拒否されます。面会拒否です!
 
 
頼朝には十分すぎる理由があったのですが(それはまた別の機会にお伝えしますが)、義経にはさっぱり分かりません。とにもかくにも、源氏のために身を粉にして戦った自分に対するこの冷たい態度はあんまりだと、京に戻った義経は憤ります。
 
 
これも、至極当然のことですね。
 
 
兄への敵意を感じた頼朝は、部下の土佐坊昌峻(とさのぼうしょうしゅん)に追討命令を出し、義経は追われる身となります。
 
 
壇ノ浦の戦いから、たった半年余り後の出来事でした。

 
 

スポンサーリンク

京から奥州への逃避行

 

 
その後も、急展開が続きます。
結婚生活どころじゃありませんね!
 
 
このぐだぐだの間、郷御前がどうしていたのかは分かっていないのですが、義経が都落ちするときには、同行していました。
 
 
義経は、一度、西国へ逃れてから仕切り直して頼朝に対抗する予定で、いくつかの船団を組んで船出しました。でも、途中で嵐にあって遭難してしまいます。それで、仕方なく陸に戻って、近畿地方の山岳地帯に逃げたのです。
 
 
奈良の吉野山で義経が静御前に京に帰れと命じたのは、このときです。
 
 
連れていく方が危険だからと考えたのかどうかはわかりませんが、静御前とはここで離別します。
 
 
一方、郷御前は、奥州藤原氏の元で一緒に暮らしているので、ずっと連れて行ってるわけなのです。(途中のどこかで合流したのかもしれませんが)
 
 
東北へ向かう郷御前の腕の中には、生まれて間もない娘がいました。
赤ちゃん連れの過酷な逃避行ですよ!
 
 
それでも、義経は郷御前を連れて行きたかったのでしょう。
郷御前も、ついて行きたかったんでしょうね。かなり体力のあるお嬢様です。
 
 
そうして、義経一向は、若い頃に世話になった奥州藤原氏を頼って、1187年に藤原秀衡(ひでひら)のもとに到着したのでした。

 
 

最期は夫と娘と

 

 
藤原秀衡は、たいへんな知将だったといわれます。
 
 
余談ですが、西行法師が、秀衡と遠縁で仲がよかったこともあり、ちょうどこの頃、秀衡のもとを訪れているんですよ。
 
 
西行の和歌は、素敵ですねー♪ 
型にはまらない発想で、大胆かと思えば、かなりめめしい歌を詠んでいたりするところが好きなのです。
 
 
西行は、奥州に向かう前にたまたま鎌倉で頼朝と会ってます。この頃は、西行も秀衡も、もうかなりの高齢です。
 
 
それから間もなくして、秀衡は病で亡くなりました。
 
 
奥州藤原氏の家督は、次男の泰衡へと引き継がれましたが、彼の息子3人が、そろいもそろって残念なんですね。
 
 
「義経を主君として、頼朝の攻撃に備えるように」という父の遺言を無視し、頼朝にビビって義経のいる衣川館を攻め、自刃に追い込んでしまいます。(←自分たちが滅びる布石)
 
 
1189年、武蔵坊弁慶ら、配下の者が戦って時間を稼ぐ間に、義経は持仏堂に入り、郷御前と4歳の娘をその手にかけました。
 
 
そして、その後、自ら命を断ったと伝えられています。

 
 

おわりに

 

 
亡くなったとき、義経は31歳、郷御前22歳でした。
郷御前、若いですね。
 
 
もともとある程度の地位のある娘なので、頼朝と義経が不仲になった時点で、実家に帰ることもできたと思いますが、彼女は最期まで義経と共に生きました。
 
 
また、乳児を連れての妻を、見捨てることなく命からがらの逃避行に連れ出したというところに、義経の強い愛情がうかがえます。
 
 
でも、なぜか、歴史ドラマで義経の恋人(妻)と持ち上げられるのは、静御前ばっかりなんですねー。
 
 
最期まで連れ添った妻は、郷御前なのになーと、ちょっと不満な私なのでした。

 
 


 

 

スポンサーリンク