この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは。
 
 
1183年「倶利伽羅峠(くりからとうげ)の戦い」で、源氏が平氏を圧倒しました。
 
 
この戦いは、「源平の争乱」の中でも、ターニングポイントとなる重要な戦いです。なぜなら、平氏の10万の追討軍が惨敗し、その後の平氏の命運を決定づける戦いとなったからです。
 
 
この戦いから2カ月後、木曽義仲の上洛直前に、平氏一門は都落ちしました。
 
 
今回は、木曽義仲の奇襲が大成功をおさめた「倶利伽羅峠の戦い」についてお伝えします。

 
 

スポンサーリンク

前哨戦「般若野の戦い」

 

 
1183年5月、北陸に攻め込んで来た平家軍と、木曽の源義仲(木曽義仲)の先発隊が般若野で激突します。
 
 
平家の大将は「富士川の戦い」で敗退した平維盛、源氏の先発隊の将は、義仲四天王の1人・今井四郎兼平です。
 
 
10万の平家軍に対し、今井兼平の軍はわずか5千でした。ま、数が多ければよいというものではないですが、有利なのは確かですね。土地勘のない維盛は、源氏から寝返った長吏斎明の案内に頼りながらの進軍でした。
 
 
平家は、今井兼平の機転の利いた陣取りに翻弄されて、大軍でありながら始終押され気味でした。平家軍は数だけは多かったけれど、寄せ集めの軍で、あまり統率がとれていなかったのです。
 
そう思うと、大将の維盛は、やっぱり気の毒です。

    ↓


 
5月9日、ついに越中富山の般若野で、源平の戦いが勃発しました。この戦いは、数で劣る今井兼平の軍が圧倒しました。平家方は、夕方には2千余りの負傷者を出して、小矢部河原まで撤退せざるを得なくなったのです。
 
 
その結果、今井兼平は、越中の死守に成功したのでした。今井四郎兼平は、最期までめっちゃかっこいい武将なのです!

 
 

夜襲「倶利伽羅峠の戦い」

 

 
平家軍は、その後2手に分かれます。平通盛率いる搦手(からめて)軍3万騎を志雄山へ向かわせ、大将・平維盛の本体7万騎は、砺波山に向かって進軍し、砺波平野を目指しました。
 
 
その頃、木曽義仲の本体は、越後から兵を集めながら越中に入り、5万ほどの兵を確保していました
 
 
木曽義仲は、平家の大軍が平野に向かっていると知り、なんとしても阻止しようと考えました。平野での合戦は、兵の数が多いほうが圧倒的に有利だからです。
 
 
義仲は、砺波山のふもとの日宮林(ひのみやばやし)に先発隊を派遣し、先回りして陣を敷き、源氏の白旗を高々と掲げたのです。
 
 
やがて、砺波山山頂に到着した平家軍は、源氏の白幡がはためくのを、目の当たりにします。
 
 
つまり、平野に降りることができなかったのです。

 
 

スポンサーリンク

(1)深夜の奇襲攻撃

 

 
5月11日夜、小競り合いが終わり、次の戦いは夜明けだと判断した平家軍は、山上で休眠します。行軍の疲れで、熟睡した兵士も多かったでしょう。
 
 
でも、それこそが、木曽義仲の作戦だったのです。
 
 
義仲軍は、夜の闇に紛れて、平家軍を取り囲むように動きます。まず、叔父の源行家率いる搦手軍1万騎を志雄山へ向かわせました。そして、木曽義仲の本体3万騎は倶利伽羅峠の北側に、樋口次郎兼光の3千騎、今井四郎兼平2千騎、小室太郎の3千騎、巴御前の1千騎を峠の周囲に配置します。
 
 
ただし、峠の南側だけは意図的に空けておきました。
そして、彼らは、じっくりとその時を待ったのです。
 
 
あたりが寝静まった深夜、夜の闇を引き裂くようなトキの声が上がりました。そうして、源氏軍は一斉に矢を射かけ、夜襲攻撃を起こしたのです。
 
 
狭く険しい山道で、真夜中に寝入っていた平家軍はパニック状態に陥りました。もう、我先にと逃れることしか考えられず、意図的に空けられていた南側へと殺到してしまったのです。恐い状態ですね。
 
 
でも、その南側には、倶利伽羅谷という深い切立った谷が口を開けていました。地の利のない平家軍は、その先に道があるのだろうと勘違いし、なだれをうって谷底へと落ちていったのでした。
 
 
その谷底の様子は、まさに地獄絵図だったといわれます。
そのため、そこは今も、地獄谷と呼ばれているのです。

 
 

(2)奇策「火牛の計」

 

 
『源平盛衰記』では、このとき、400~500頭もの牛の角に、燃える松明をつけて、平家軍に突進させ谷底に落としたというエピソードがあります。
 
 
とても有名なエピソードなのですが、これは、中国の『史記』の故事にちなんだ創作です。でも、この逸話は、「倶利伽羅峠の戦い」を語る上で欠かせない話なのでした。
 
 
つまり、頭が燃えてる牛の大群に追われたかのようなパニック状態だったということなのです。

 
 

義仲の進軍は続く・・・

 

 
「倶利伽羅峠の戦い」で、木曽義仲は、ほとんど刃を交える事なく、大軍の平家に圧勝しました。
 
 
平維盛は、命からがら脱出に成功しますが、7万の本体はボロボロです。
 
 
志雄山にいた3万騎の搦手軍は、この惨敗の知らせを聞き、戦わずして撤退を開始します。平維盛は、その後、この搦手軍と合流しました。
 
 
そして、次の戦い、「篠原の戦い」で、源氏と平氏は再び刀を交えるのです。
 
 
老将・斎藤実盛の最期の地ですよ!
「実盛の最期」は、私の中で、1、2を争う『平家物語』の感動エピソードなのです。
 
 
続く・・・(^^)⇒★「実盛の最期」

 
 

スポンサーリンク