この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
「関ケ原の戦い」で散った大谷吉継(よしつぐ)。
その官職から、大谷刑部(ぎょうぶ)と呼ばれることも多いです。
 
大河ドラマやアニメでは、病気で皮膚がただれているため、白頭巾をかぶった武将として描かれることが多いです。
 
そして、関ケ原までの石田三成との友情や、娘を真田信繁(幸村)に嫁がせたことでも知られます。
 
個人的には、人間的にバランス感覚の優れた人で、武闘派の武将たちから嫌われ者だった(?)石田三成と、最後まで仲良くしてあげたいい人というイメージがあります。
 
関ケ原の戦いは、徳川家康・石田三成という東西の大将より、わき役の武将たちが、かっこよくて好きです。
 
島津義弘の退き口なんて、超絶かっこいい!!!!!!
こういう武将らしい武将が大好きなのでした。
 
大谷さんも真っすぐで律儀な人柄が、生き様に表れている感じがして大好きです。
 
それでは、大谷吉継の簡単なプロフィールと、白頭巾をかぶっていた理由について書いていきます。(*’▽’)

 

スポンサーリンク

文武両道に秀でた武将・大谷吉継

 
 
大谷吉継は(1559年)、近江国(滋賀県)で生まれたといわれます。
 
父は浅井家の家臣・大谷吉房、浅井家の家臣で、母は、おね(北政所)の取次役の東殿です。
1573年の浅井氏滅亡後に、北近江を支配することになった羽柴秀吉に仕えるようになりました。
 
このころ、後に近江派と呼ばれる石田三成や片桐且元など、同じく近江出身の武将が秀吉に仕官しています。
 
その後は、秀吉の播磨攻め、毛利攻めに参加し、信長亡き後は、「賤ヶ岳の戦い」で、賤ヶ岳七本槍に匹敵する活躍をしました。
 
大谷吉継の武勇の中でも、最大のものは、「関ケ原の戦い」でしょう。
 
彼は武勇でも知られた人でしたが、官吏としても高い能力を備えていました。
 
堺政所の奉行に石田三成が任じられたときは、その補佐役となり、その後は、自身が奉行になりました。堺の兵站基地としての整備を、一手に任されていたのです。
 
また、朝鮮出兵時には、船の調達、輸送を担当しています。
明との和平交渉でも、明の使者を連れ添って一時帰国し、秀吉と使者との面会を実現させるなど、行政官僚として素晴らしい力量を発揮します。
 
文武智勇のバランスのとれた、貴重な人材だったと思いますよ。
 
しかし、彼は、1590年頃から、公の場にあまり姿を見せなくなりました。
ですから、この頃に例の病を発病したのではないかと、考えられています。
 
吉継の病は「業病」とよばれるものだったそうですが、一体どんな病気だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

大谷吉継は、なんの病気だったの?


 
大谷吉継は、「業病」だったといわれています。
通説では、「ハンセン氏病」だったという説がずーっと有力でした。
今では、「進行性梅毒」だったという説もあります。
 
そのどちらかだったのでしょうか?
 
★「ハンセン氏病」説
 
顔がくずれ、その外見を隠すために顔を白い頭巾で隠していた、末期は目が見えなくなっていたという大谷吉継についての記述は、実は、江戸時代に広まった逸話です!
 
実際に、大谷吉継が白頭巾で顔をおおっていたというのも、ハンセン氏病の特有の病状も、戦国時代の史料では、はっきりとは書かれていません。
 
当時の史料には、ただ「悪瘡」であったと書かれているのみです。悪性の腫物(おでき)という感じですね。何らかの皮膚疾患だったことは間違いないでしょう。関ケ原の戦いの頃に、失明していたというのも確かなようです。
 
また、江戸時代は、見た目に大きな影響の出る皮膚の病を、総じて「業病=らい(ハンセン氏病)」と呼ぶことも珍しくなかったのだとか。ですから、確定はできないと思います。
 
★「進行性梅毒」説
 
大谷吉継は「進行性梅毒」だったのではないかという説もあります。
 
数年前に見たテレビ番組の「歴史秘話ヒストリア」で、彼の当時の病状を記載した文献を医師にじっくり検証してもらった結果、「進行性梅毒」の可能性が高いという結論がでました。
 
梅毒は、感染してから約10年後に発病します。そう考えると、感染時期は、関ケ原から逆算して、ちょうど朝鮮出兵の時期に当たるのです。大谷吉継は、出兵しているので、そこで性病の梅毒に感染したのではないかとも考えられています。
 
確かに、加藤清正なども、このとき梅毒にかかっていますが、どうなんでしょう。大谷さんラブな人は、彼に限って性病なんてと思うかもしれませんが、現代と当時は倫理観が異なりますからね。
 
でも、私が気になるのは、進行性梅毒の場合、末期は脳の機能障害が表れるという点です。関ケ原の戦いまでの大谷吉継は、分析力も統率力も最期の決め方も、頭脳明晰としか言いようがない感じがします。
 
梅毒の末期に、脳障害が出ない人がどれぐらいの確率でいるか知りませんので、そのあたりは謎です。
 
★ 「全く別の皮膚病」説
 
ハンセン氏病も進行性梅毒も、推測の域を出ないということは、全く異なる病気だった可能性もあります。
 
大谷吉継の病状は、重くて寝込んでいるときもあれば、その後、小康状態になり業務を熟している時期もあるのです。軽いときは、文官としての仕事をしていたので、周りにも仕える人はたくさんいたでしょう。
 
ハンセン氏病の人が、中央官庁のような部署で仕事をしていて、周りの人は平気だったのかなと疑問に思えます。
 
結局、判明はしないので、江戸時代の文献をもとにした「ハンセン氏病」という断定は、今のところしないようがよいと思います。

 

おわりに

 
大谷吉継は、関ケ原の戦いで、病魔に侵されながら、西軍に参加しました。
立ち歩くことができず輿(こし)に乗っての参加です。もう、目もほとんど見えなかったといわれます。
 
彼は、徳川家康とも親しかったのですが、このとき旧知の中の石田三成の味方をします。
 
そして、小早川秀秋の裏切りの可能性を計算に入れて、陣取りをしました。
もしも、小早川が裏切れば、勝算はないと覚悟の上での参戦です。
 
裏切りが多かった西軍の中で、最後まで戦い抜き「義」を通した、かっこいい生き様と最期だったと思います。

 
 

スポンサーリンク