この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
こんにちは~。
 
今回は、いろいろややこしい「応仁の乱」について、まとめ記事を作りました。
 
主要人物は、
足利義政・日野富子
東軍ー細川勝元・足利義視・畠山政長
西軍ー山名宗全・足利義尚・畠山義就・大内政広
 
うーーーん、微妙に多いですね。
 
乱の原因と発端、乱の後にどうなったのかに注目していきましょう~。

 

スポンサーリンク

1.京の町は飢饉、室町幕府はすでに衰退していた

 

 
室町幕府は、もともと武家諸侯のまとめ役のようなもので、強大な権力を持つ政権ではありませんでした。3代将軍義満の御代を頂点にして、求心力はどんどん衰えていきます。
 
また、この時期、西日本は大きな凶作に見舞われていて、都には、中国地方から食糧を求めて、多くの人が押し寄せました。
 
京の都には、そんな人口を養う蓄えは当然ありません。京の都も飢饉に見舞われてしまうのでした。
 
 
「応仁の乱」前夜には領民は飢え、将軍家の権威は凋落していた!
 
 
【応仁の乱前夜】万人恐怖の6代足利義教はクジで選ばれた将軍

2.乱のきっかけは、畠山家の家督争いだった

 

 
管領の畠山家は、畠山持国亡き後、家督争いが勃発します。
 
始めに将軍から管領に任じられたのは、細川勝元が後見に立った畠山政長でした。しかし、その後、山名宗全の後押しで、畠山義就が河内国から戻ってきます。
 
そして、畠山政長と畠山義就の間で起こった争いが、とうとう武力抗争に発展してしまったのでした。それが、「上御霊社の戦い」です。 
 
【応仁の乱】幕開けは畠山家の家督争い「上御霊社の戦い」!

 

3.足利将軍家の跡目争いが追い打ちをかける

 

 
足利義政は、将軍職を退きたくなります。義政には息子がいなかったため、彼は、僧侶になっていた弟・義視を呼び戻し、次の将軍になってくれと頼みます。そして、管領の細川勝元に、その後見を頼んだのでした。
 
しかし、その一年後、正妻・日野富子が男子を出産するのです。富子は、もちろん、我が子を次の将軍にと望みました。そして、息子・義尚の後ろ盾を、山名宗全に頼み争うことになっていきます。
 
ここでも、またまた「細川勝元」対「山名宗全」の争いが、起こるのでした。
 
 
【応仁の乱】ヒーロー不在で11年もグダグダ続く戦いを簡単に説明

 

スポンサーリンク

4.有力守護大名・細川勝元と山名宗全の勢力争い

 

 
そもそも「守護大名」とはどういう人たちのことなのか、また、「応仁の乱」の東軍・細川勝元と西軍・山名宗全とは、一体、どういう人だったのか、こちらの記事で説明しました。この2人は親子ほどの年が離れていて、実は、義理の親子です。(山名宗全が細川勝元の舅)
 
性格も戦い方も全く違って、好対照なんですよ。
 
【応仁の乱】東軍の細川勝元は、和歌や絵画が大好きなグルメ風流人
 
 
【応仁の乱】西軍の山名宗全は、60代で現役バリバリ武闘派の赤入道
 
 
細川勝元と山名宗全の名言・混迷の時代の指揮官の言葉は今も新しいよ
 
 
西軍の援軍「大内政弘」の上京が、戦乱を長引かせる一因に!?
 

 
 

5.力をつけた国人と足軽の台頭が都を荒廃させる

 

 
守護大名の下で働いていた地侍は、「国人」と呼ばれました。彼らは、荘園で田畑を耕し、守護大名に年貢を納めていたのです。
 
また、この時期に、地方からやって来て武士の下で働く「足軽」と呼ばれる人々が台頭します。彼らは、戦の役に立つどころか、盗賊やならず者も多く、戦乱の混乱に乗じて、火付けをして物取りをする者が続出します。
 
京の町を焼け野原にしたのは、東軍西軍の戦いではなく、足軽たちの横行によるのもだったことが大きいのです。
 
彼らは町屋だけでなく、神社仏閣にも火をかけました。
 
また、このころ、京の町に、一人の托鉢僧がいました。
それが、とんちで有名な「一休和尚」です。
 
「応仁の乱」で台頭する「国人」と「足軽」は、どんな人たち?
 
 
とんちで有名な一休さんは実在の禅僧だった!

 

6.乱の中から花開いた、足利義政の東山文化

 

 
6代将軍・義政は、応仁の乱で都を混乱させながら、一方で、文化芸術の発展、文化人の保護に務めたという大きな功績を残します。
 
室町時代は、能、茶道、華道、庭園、建築、連歌など多様な芸術が花開いた時代で、それらは次第に庶民にも浸透し、今日まで続く「和風文化」の礎となったのです。
 
義政の時代に広がったこの文化は、「東山文化」と呼ばれます。
 
足利義政は、政治はダメだけど和風文化の礎を築いた超一流芸術家!

 

7.「下剋上」の時代と「小京都」の出現

 

 
この乱で、都は文字通り焼け野原になります。
 
多くの神社仏閣が焼け落ち、主戦場となった相国寺や南禅寺のような「五山」まで破壊されてしまいます。
 
今、私たちが京都観光で観る八坂神社や清水寺、伏見稲荷大社などは、すべて、応仁の乱の後、再建されたものなのでした。
 
平安時代の建物じゃなかったの~~~~?
って感じですね。
 
最後に、「応仁の乱」後の、日本社会の変化についてお伝えします。
 
「応仁の乱」その後の影響~「小京都」の発展と「下剋上」の世の中に

 

 

スポンサーリンク