この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
こんにちは。
 
今回は、嵐のような人生を歩んだ「浅井三姉妹」の三女・お江を紹介します。
 
お江の人生のポイントは3度の結婚をしたこと、その3度目の結婚で、将軍の正室となり、後に将軍の母となったということでしょう。
 
浅井三姉妹は、それぞれ夫が敵になったり味方になったりと、いろんな関わり合い方をします。
 
それでは、お江について、その結婚と子供たちを中心に説明します。

 

スポンサーリンク

浅井三姉妹の3女・お江

 

 
お江(1573~1626年)は、浅井長政と織田信長の妹・お市の間に生まれた3姉妹「茶々・初・江」の3女です。
子供の頃に、母、姉と共に2度の落城を経験します。
 
1度目は、小谷城で、伯父・織田信長に父・浅井長政が討たれたときでした。このとき、お江は0歳、生まれたばかりでした。
お江は、父の長政の顔は知らない(記憶にない)ということです。
 
2度目は、北ノ庄城で、義父・柴田勝家と母・お市を亡くしています。
その後、豊臣秀吉に姉2人と共に保護され、その養女となりました。
 
2人の姉については、こちらにくわしく書きました。(*’▽’)
 
【関連記事】

 
淀殿(茶々)日本三大悪女の1人とレッテルを貼られた悲劇のヒロイン
 


お初(常高院)・浅井三姉妹で一番地味だけど評価が高い理由
 
 

秀吉に翻弄され3度結婚する

 
 
お江は、三姉妹の中で、もっとも多く、政略結婚の犠牲になっています。
 
茶々は、秀吉が気に入ってそばに置き、やがて側室・淀殿と呼ばれるようになりました。
 
2女のお初は、多分、女性としてはいちばん幸せだったのではないかと思うのですが、従兄弟で幼なじみの京極高次に嫁ぎます。

 

(1)佐治(さじ)一成に嫁ぐ

 
 
お江は、豊臣秀吉の意向で、従兄にあたる佐治一成に嫁ぎます。
 
佐治一成は、尾張国(愛知県)の一領主だった信長の次男・織田信雄の家臣でした。
 
しかし、一成が秀吉の怒りを買ってしまい、一成とお江は離縁させられました。
 
秀吉の不興の原因は、はっきりとはわかっていなくて、いくつか説があるのですが、家康に渡船を提供した佐屋の渡一件なではないかといわれています。

 

(2)豊臣秀勝に嫁ぐ

 
 
その後、お江は、秀吉の実の甥で養子の豊臣秀勝のもとへ嫁ぎます。
 
秀勝は、九州征伐、小田原征伐などで戦功を挙げますが、朝鮮出兵に従軍し、病死してしまいます。
 
秀勝との間には、定(さだ)姫が生まれました。
定姫は、後に、茶々のもとで育てられ、摂関家の九条家に「定子」として嫁ぎました。
 
【関連記事】

藤原氏の子孫は今も健在!摂関家・五摂家を分かりやすく説明     
 

(3)徳川秀忠に嫁ぐ

 
 
その後、徳川家康の息子・徳川秀忠のもとに嫁ぎます。
 
当時、秀吉の命で、主だった大名やその妻子は、京や大阪に集められていました。秀忠は、そのとき伏見にいたようです。
 
お江は、安産型の女性で、秀忠との間に、2男5女をもうけています。
姉・茶々(淀殿)の息子・豊臣秀頼に嫁いだ千姫が、よく知られていますね。

 

将軍の母になる

 

スポンサーリンク

 
江戸幕府が開かれ、夫の秀忠が将軍になると、天下は太平の世になります。
 
次の将軍・3代将軍は、お江の生んだ竹千代(家光)に決まりました。
徳川将軍家で正室の子が将軍職を継いだのは、この家光だけなのですよ。
結構、意外でした。
 
お江は、これで、完全勝者! 将軍の正室で将軍の母となり、御台所として頂点を極めたかのように見えますね。
 
しかし、実際に、女性としては、苦労の絶えない人生だったのではないでしょうか。
 
お江の人柄は、ほとんど伝わっていません。
ここでは、よく知られている3つのエピソードをご紹介します。

 

(1)姉と甥が夫(嫁ぎ先)に滅ぼされる

 
 
1615年、姉の淀殿とその子・豊臣秀頼が、「大坂夏の陣」で夫と舅に追い詰められ自害します。
 
ドラマでは、仲良し姉妹の悲しいお別れ的に描かれることが多いです。
実際には、姉妹だからといって、仲が良かったのかどうかは謎ですが、複雑なのは、長女・お千を秀頼に嫁がせていたことです。
 
娘のことは、かなり心を痛めたでしょう。
千姫(お千)は、救い出されますが、心に大きな傷が残ります。
 
また、豊臣家と徳川家の仲立ちをしようと働いていたもう1人の姉・お初も、このとき大坂城にいました。彼女も、脱出には成功しています。

 

(2)長男・家光の乳母「春日局」との確執

 

 
お江と春日局の確執は、女の戦いとして、歴史ドラマや小説の中で、よく描かれています。
 
家光が生まれたとき、家康が用意した乳母のお福(後の春日局)は、家光の保育・教育の全てを取り仕切ります。それで、生母のお江は自分で育てることがかなわなかったといわれます。
 
嫡男を生母が育てられないというのは、なにも特別なことではなく、武家の嫡男の養育としてはよくあることでした。
 
でも、そうすると、自分の手で育てることができた他の子供を偏愛しがちです。お江が授かった男子は2人だけだったので、おのずと次男を贔屓してしまったのでしょう。伊達政宗の母も、そんな感じでした。
 
実際に、次男(忠長)は、顔形がよく、活発でスポーツ(武芸)を好む武将らしい性格で、長男の家光は、吃音があり内向的だったといわれます。
 
お江のえこ贔屓から、母子間、兄弟間に確執ができ、後に弟・忠長は自害に追い込まれます。
 
でも、それは、お江が亡くなった後のことでした。

 

(3)側室は許さない!嫉妬深い女性だった

 
 
お江の性格については、あまりよくわかっていません。
残っているエピソードも、推測で書かれた創作が多いと思われます。
 
その1つが、嫉妬深い女性だったというものです。
 
浅井家と織田家の血を引いているので、プライドが高かったのでしょう。
お江は、夫が側室を持つことを、許しませんでした。
この時代の大大名は、側室を持って当たり前な風潮ですよね。
ですから、これは、相当ワガママと思われたかもしれません。
 
なかなか男子を授からなかったわけですし・・・。
(4人続けて女の子を産んで5人目が家光だった)
 
でも、夫・秀忠には、実は、隠し子がおりました。
 
それが、後に徳川家光を支え幕府の要人となる「保科正之」です。
この隠し子が発覚したとき、ちょとしたもめ事があったらしく、そこから嫉妬深いというイメージが強くなったようです。
 
また、淀殿の妹というイメージもあるのではないでしょうか。
浅井三姉妹には、とにかく「気が強い・ヒステリック」という印象がついてまわります。
 
歴史ドラマのお江は、たいてい言いたいことをはっきり言う真っすぐでしっかりした女性として描かれます。
 
実際のところはわかりませんが、おそらく、誇り高い女性だったのは間違いないでしょう。

 

お江のまとめ

 
 
「将軍」の正室となり母となったお江。
 
その54年の人生は、戦国の世という時代と、権力者に翻弄されたものでした。
なんとか生き延びはしましたが、心休まる日々は、少なかったでしょうね。
 
それでは、最後に、お江について、まとめておきます。
 
● お江は、浅井三姉妹の三女
 
● 落城で救い出され、豊臣秀吉の養女となった
 
● 政略結婚で、3回嫁いでいる
 
● 夫と息子が征夷大将軍になった
 
● 側室を許さなかったことから嫉妬深い印象がある

 
 

【関連記事】

淀殿(茶々)日本三大悪女の1人とレッテルを貼られた悲劇のヒロイン
 

お初(常高院)・浅井三姉妹で一番地味だけど評価が高い理由
 

スポンサーリンク