この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは。
 
寒い日が続きますね。
前回、四条から三条へ木屋町通(きやまちどおり)散策について、お伝えしました。
 
今回は、幕末のメインストリート・三条通に面した「池田屋」についてお話します。

 

スポンサーリンク

池田屋騒動(事件)


 
幕末の京で、長州藩が御所を襲撃するというとんでもない事件「禁門の変」(蛤御門の変)が起こりました。その原因となったのが、1864年7月8日(元治元年6月5日)、京都三条木屋町の旅籠・池田屋で起こった新選組の攘夷志士襲撃事件「池田屋事件」です。
 
この日の夜、潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、京都守護職配下の治安維持部隊だった新選組が襲撃しました。
 
この事件によって、尊攘派は、吉田稔麿・北添佶摩・大高又次郎・石川潤次郎・松田重助ら逸材が戦死して、長州藩は一気に強硬派に引っ張られ、、8月20日(元治7月19日)に「禁門の変」を引き起こしたのでした。

 

「池田屋」はなの舞でランチ

 
その池田屋は、今はチェーン居酒屋「はなの舞」池田屋店になっております。
店先に、池田屋事件の概要が書かれた看板(立札?)がありました。

 

 
 
そして、その看板横には、ゲーム(アニメ)「薄桜鬼」とのコラボフード・ドリンクの宣伝が。。。(・_・;)
 
 
ランチタイムはランチメニューだけで、平日は予約が必要ですが、営業しています。京都の店らしい間口の狭さで3階まであります。2年ほど前に来たときは、ランチは3階だったのですが、今回は地階でした。

 
 

 
中の様子です。通路に「薄桜鬼」のポスターがいっぱい貼られていましたよ。
 

 
せっかくここまで来たので、池田屋御膳をいただきました。
近藤勇・土方歳三・沖田総司・斎藤一のランチです。
 
注文するとき、ちょっと恥ずかしい一般人なのでした。(*´Д`)

 

 
そして、せっかくなので、ちょっと豪勢?に局長ランチにしましたー!
 
 
鶏すき焼きとお刺身がメインで、お豆腐やお漬物、プチデザートなどが付いています。しば漬けが美味しかったです。
 
 
京の三大漬物ですよ~♪
 
 
残りの2つは何でしょうか?
すぐに答えられたあなたは、かなりの京都通です。
 
 
京の三大漬物は「しば漬け・千枚漬・すぐき」です。

 
 

 
鶏のすき焼きは、お野菜や本物のこんにゃくが入っていておいしかったです。スーパーで売られているゼリーみたいな透明感のあるのではなく、こんにゃく芋から作られてるこんにゃくなのでした。
 

 

スポンサーリンク

 

 
「薄桜鬼」の隊士たちとのコラボドリンクは、カクテルとちびキャラのソフトドリンクが各種あります。
 

 
ソフトドリンクも、居酒屋っぽくカクテル風でおしゃれな感じです。
 

 
ドリンクには、それぞれのキャラクターのコースターがついています。
 
斎藤さんと佐之さん。。。

 

 
今回は、前にはなかった新キャラコラボもありました。
坂本龍馬相馬 主殿(そうま とのも)伊庭八郎です。
 
 
イバハチ(伊庭八郎)ーー!
 
 
坂本龍馬なんてありがちですが、相馬 主殿(そうま とのも)と伊庭八郎は、おもしろい人選です。
 
 
このマイナー感、たまりません♥
とくに、イバハチloveです♪
 
 
ちなみに、相馬主殿は、新選組に途中入隊した人で、最後の最後に「箱館戦争」で新選組が降伏したとき、戦死した土方歳三に代わって隊長として署名した人です。新選組の最後の後始末をした人です。
 
 
伊庭八郎は、戊辰戦争の箱根での戦いで片腕を亡くしながらも最期まで戦い、「箱館戦争」で悲劇的な死をむかえた隊士です。土方歳三と並ぶほどのイケメン「バラガキ」でした。江戸四大道場のひとつで幕府御用達の伊庭道場の宗家嫡男で、美味しいものが大好きという楽しいキャラクターです。
 
 
平和な世で生きていたなら、華やかな人生を歩めたかもしれません。花街吉原のなじみの花魁・小稲との数々のエピソードも涙を誘います。その話はまた今度・・・。

 

池田屋の階段

 

 
ドラマで池田屋事件が描かれると、必ずというほど出てくる例の階段です。
 
 
ここを、沖田総司や藤堂平助が駆け上ったのかぁ・・・。
 
 
土方隊が来るまで約2時間持ちこたえたのだとか。近藤局長、がんばりました。でも、松陰四天王の1人吉田稔麿ら、長州側から見ると大打撃の事件です。

 

 
2階に、新撰組隊士の刀剣レプリカがありました。
 

 
こちらは、2階のお店の入り口です。
 
妙な隊士人形やちょっとかっこいい影絵があって、「旅籠(はたご)」の提灯が!

 

 
こちらは、2階から3階を見上げて撮りました。
 
 
階段上に新選組隊士が、天井を仰向けに飛んでるのは、斬られた長州藩士(攘夷志士)ですね。
 
 
以前、来たときは、この演出はありませんでした。

 

三条大橋西詰界隈

 

 
こちらは、三条大橋西詰にある明治創業のおかき屋「本家船はしや」さんです。
 
 
京都らしいお店ですね。この日は寄りませんでしたが、京都の名物「五色豆」「福だるま」という可愛いだるまさんの形のお菓子が人気なのです。
 
 
手作りらしさがあって、素敵です。

 

 
そのおかき屋さんのすぐ横がスタバでその前が三条大橋というカオスな感じが、京都の繁華街の楽しいところです♪
 
 
三条大橋は、東海道五十三次の終着点だったので、京の表玄関の要所でした。
 
 
この橋は、罪人の首をたくさんさらしたところとしても、知られていますよ。
それについては、こちらをどうぞ。

  ↓


 

スポンサーリンク