この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
こんにちは!
 
今回は、新選組「鬼の副長」土方歳三の所持していた刀剣についてお伝えします!
 
 
副長の愛刀の名前は・・・
 
・和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)
・葵越前康継(あおいえちぜんやすつぐ)
・大和守源秀國(やまとのかみみなもとのひでくに)
・堀川国広(ほりかわくにひろ)

 
と伝わりますよ。
 
 
「刀剣乱舞」では、いちばん有名な打刀の「和泉守兼定」と脇差の「堀川国広」がコンビで登場します。
 
 
今回は、主にこの二振りについてお伝えします。
 
 
他の刀剣はこちらに!⇒★土方歳三の4つの魅力と四振りの「刀剣」

 
 

スポンサーリンク

「打刀(うちがたな)」と「脇差(わきざし)」の違い

 

 
日本刀には、いくつか種類があります。
 
 
打刀と脇差は、「二振りセット」で作られ売られることが多かったようです。
 
 
江戸時代は平和な社会だったので、実用性だけでなく、二振りが対になるように装飾を凝らしたものなど、芸術性の高い刀剣もたくさん作られるようになりました

 
 

「打刀(うちがたな)」とは?

 

 
「打刀(うちがたな)」は、時代劇などで武士が斬り合いをするときに使っている長い刀です。
 
 
長い刀には「太刀」と呼ばれるものもありますが、「太刀(たち)」は主に馬上合戦用の刀剣で、古い時代に使われていたものです。
 
 
「打刀(うちがたな)」は、主に徒戦(かちいくさ)用の刀
で「太刀」より反りが弱いです。幕末に実践で使われていたのは、主にこの打刀でした。
 
 
他に「太刀」と「打刀」の見分け方は、体に対して「銘」を外側にして帯刀したとき、刃が下を向いているのが「太刀」(または元「太刀」)で、刃が上を向いているのが「打刀」です。

 
 

「脇差(わきざし)」とは?

 

 
 
約30cm以上60cm以下の刀剣のことを「脇差」と呼びます。
 
 
ですから、脇差は長さに幅があり、形も時代によって流行りすたりがあってさまざまです。
 
 
つまり、見るからに「短刀」のものからかなり打刀に近い長さのものまでいろいろありました。
 
 
時代劇の武士の姿を思い浮かべると、公の場に出るとき、武士は左腰に「大小二振りの刀」を差していますね。
 
 
この二振りが「打刀」と「脇差」と呼ばれる刀です。「打刀」は「大刀」、「脇差」は「小刀」とも呼ばれました。この二振りは共に帯刀するので、2本セットで作られ売られることが多かったのです。
 
 
大小二振りの刀を差すことを認められていたのは主に武士だけだったので、町人は武士のことを「二本差し」と呼ぶこともありました。
 
 
「短刀」は、武士以外の身分の者も持つことができました。時代劇で町人同士の殺人などが起こるとき、使われる刀は短いですね。

 
 

打刀「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」

 
(出典元:http://jin115.com)
            ↑
「かっこよくてつよ~い!最近流行りの刀だぜ」な、見た目と実力両方を兼ね備えた当時最先端のおしゃれな「打刀」(もと「太刀」)です。
 
 
脇差の「堀川国広」に「兼さん」と呼ばれ、一対のように仲よしです。
 
 
キャラ化されると、何振りあっても名前と特徴を覚えられるのがすごいところなのでした。名前、みんなややこしいのにね。
 
 
和泉守兼定は、オレ様系自信家で優しいところが持ち主(土方歳三)の性格とかぶっていてかっこいいです。
 
 
リアルな刀剣・土方歳三の愛刀「和泉守兼定」は、二尺三寸一分六厘の長さの刀剣で、会津兼定11代目(12代目とも)の和泉守兼定が京都で作ったと伝わります。
 
 
でも、近藤勇が土方の義兄・佐藤彦五郎にあてた手紙に「和泉守兼定」は「二尺八寸」と書かれたものも残っているのです。
 
 
また、現存している土方歳三の「和泉守兼定」には「慶応三年二月日」の「銘」が切られています。つまり、「池田屋騒動(事件)」の後に作られたということですよ。
 
 
このように、いろんな事を考え合わせると、土方歳三は複数(二振り?)の「和泉守兼定」を所持していたと考えられます。
 
 
「刀剣乱舞」の兼さんは、「土方歳三資料館」に現存する刀剣のほうです。
 
 
「和泉守兼定」は「刀剣乱舞」ファンだけでなく一般の日本刀ファンの人からも人気の高い刀剣です。
 
 
「かっこよくてつよ~い」と見た目と実力兼ね備えた刀剣ですし、「兼定」ですからね!
 
 
刀剣レプリカも人気なのです!
   
     ↓

 
⇒【楽天:あす楽】模造刀 新選組 土方歳三の愛刀 『和泉守兼定』拵え
 
 
上位クラスも人気がありますよ。
        ↓     

 
⇒【楽天:あす楽】名刀シリーズ 模造刀 『和泉守兼定 土方歳三愛刀』 布製刀袋付き
 
 
 

脇差「堀川国広(ほりかわくにひろ)」

 
(出典元:http://jin115.com)
 
「堀川国広」は「脇差」で一尺九寸五分(約60cm)の長さの刀で、江戸時代の山城国の刀工・堀川国広作の名刀です。「脇差」としては長いほうです。
 
 
上半がのたれ互の目、下半が直刃に堀川肌と確認できる肌立つ波文をしており、堀川国広作と伝えられます。
 
 
でも、堀川国広が打った刀は幕末でもすごい高値で取引されていたので、大名クラスでも入手困難な銘刀でした。
 
 
ですから、土方歳三が所持していた「堀川国広」はおそらく「贋作」だったと一般には伝わります。
 
 
土方歳三が「函館戦争」で戦死した後、「堀川国広」は行方不明になりました。
 
 
その後の行方は、いくつか説がありますが、裏付けはされていません。

    
 

 
⇒【楽天:あす楽】模造刀 新刀匠シリーズ「堀川国広拵-脇差し-」
 
 

まとめ

 

 
新選組副長・土方歳三には四振りの愛刀があった
 
 
(1)和泉守兼定
(2)堀川国広
(3)葵越前康継
(4)大和守源秀國

 
 
「和泉守兼定」は現在、東京都日野市の「土方歳三資料館」が所蔵しています。一方、「堀川国広」は現存していません。
 
 
「和泉守兼定」は「土方歳三資料館」で毎年、土方歳三の命日にあわせた4月~5月に公開されています。
 
 
聖地めぐりをされる方は、このときに行って本物に会ってみるのはいかがでしょう?
 
 
また、葵越前康継は「佐藤彦五郎新撰組資料館」に、大和守源秀國は「霊山歴史館」に現存していますよ。
 
 
他の幕末の「刀剣」もおすすめです。

   ↓


 

 

 
もと主様の記事はこちらです♪
    ↓

 
 
 

スポンサーリンク