この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
こんにちは、茉莉です。
 
 
新選組を題材にした「薄桜鬼」というアニメ、ご存知ですかー?
なかなかおススメなので、紹介したいと思います。
 
 
新選組は、ドラマや小説、アニメ、漫画の題材によく取り上げられます。
 
 
「薄桜鬼」は、ゲーム続編がどんどん出ていて、知名度の低い隊士たち登場し始めています。幕末に詳しくなる人が増えそうで、うれしいのでした。
 
 
これ、もともとオトメイトの乙女ゲームだったんですね。
私はゲームはしないんですが、映画にもなった話題作なので、アニメは見ました。
 
 
なんかねー、いい感じでしたよ。まずOPの歌がいいですね。
和風のカッコよさ満点です。キャラクターも声優さんもよいです。
 
 
そして、なんといっても、ストーリーがよかったです。
この作品の人気は、アニメの脚本のうまさと、もともとの新選組の人気の相乗効果なのではないかと思います。

 
 

スポンサーリンク

「薄桜鬼」の中の新選組隊士たち

 

 
この「薄桜鬼」、数年前には腐女子人気NO.1と噂されていただけあって、隊士のカッコよさは抜群です。
 
 
私としては、新八さんが外され気味なのが、ちょっとー!って感じなんですけど…。史実の永倉新八が、かなり好きなので。
 
 
「薄桜鬼」では、新選組が「変若水」(おちみず)という妙な赤い水を研究していて、それを飲むと白髪赤眼の「羅刹」という吸血鬼みたいなもんになる設定があるんです。
 
 
なかなか史実を大崩壊させてくれそうな設定ですが、それをですね、なんとなくうまいこと史実にのっけて、絡み合わせているんです。
 
あ、ここでこうつなげたのという感じでね。
 
もちろん、ヒロイン始め架空の人物も多く、オリジナル展開もたくさんあるのですが、そんなに大筋を変えていないところが、スタッフさんが新選組をリスペクトしてるのかなーと思えて好感持てるんです。
 
 
新選組目線で描くと悪役になりがちな芹沢鴨だって、ただの乱暴者ではなかったです。しっかり武士っぽい芯のあるボスキャラになってました。
 
 
土方さんがさりげなく俳句を書いてたり、薬売り時代に売ってた「石田散薬」をネタにしてるところとか、なんか嬉しかったりして…。
 
 
ちなみに、みんなに下手だ下手だといわれる彼の俳句、私、結構好きなんです。
素朴な感じで、いいですよ。
 
 
本物の新選組のファンは、若い女性も結構いるので、そういう人をあまり失望させないアニメ作品になってると思います。

 
 

新選組の人気の理由

 

 
新選組は、特に歴好きでない人にも、人気がありますね。
小説やドラマでおなじみというのもあるのでしょう。
 
 
土方歳三は、洋装の写真が残っていて、本当にイケメンだったと証明できるので強いです! 山南さんも近所の女子供に人気があったそうですし、総司もお寺の境内で子供たちとよく遊んであげていたそうです。
 
 
そんな普通の青年の彼らが、人斬りをしたり、粛清し合ったりして、どんどん生き方が狂っていく様が、切ないですね。
 
 
でも、新選組の人気は、そういうところにある感じがします。
多分、判官贔屓というのもあるのでしょう。
 
 
新しい世(明治)になって、莫大な給料をもらうようになった薩長のお偉方は、多くが私利私欲に走るただの強欲ジジイになっていきました。
 
 
違ったのは、西郷隆盛と木戸孝允(桂小五郎)、板垣退助など少数です。
 
 
新選組の隊士たちも、日本の行く末を本気で考えていた志ある人たちでした。でも、時代の流れの渦に、飲み込まれてしまったのです。そして、賊軍のそしりを受けました。
 
 
彼らも、確かに日本のため自分の信じる道のために、命を懸けて戦ったのに…というところに、多くの人が魅かれるのだと思います。
 
【関連記事】【まとめ記事】新選組の活躍と隊士たちの特徴とその後

 
 

スポンサーリンク

「薄桜鬼」アニメは盛りだくさんですよ

 

  ↑
これはゲームです。キャラ紹介と思って~。
 
「薄桜鬼」はアニメが四期で劇場版アニメが2作出てます。
 
劇場版は、話ををまとめているだけでなく、ストーリーも変わっています。なんとなく、「変若水」(おちみず)の事が中心になっているので、史実と離れていってます。
 
アニメ好きではなく歴史好きな人には、普通のアニメのほうをおすすめしますよ。史実に近いし、くわしいからです。
 
【一期】薄桜鬼新選組奇譚(きたん)
 
主人公の「千鶴」と新選組の出会いから「鳥羽伏見の戦い」まで。
 
【二期】薄桜鬼碧血録(へっけつろく)二期
 
「鳥羽・伏見の戦い」から「函館戦争」まで。
 
【OVA】薄桜鬼雪華録(せっかろく)
 
OVAです。番外編ですね。
 
時系列では、新選組奇譚(きたん)の8話ぐらいです。
同時期の話を土方編・沖田編・斎藤編・藤堂編・原田編・風間編(架空の人物)という形で、それぞれの視点から描いています。
 
【三期】薄桜鬼黎明録(れいめいろく)
 
試衛館の人たちが上洛し、壬生浪士組から新選組となり、芹沢鴨を暗殺するところまで。主人公は「井吹龍之介」という少年。
時系列では、これが最初です。
 
でも、見る順番のおススメは、やっぱり放送順ですね。
これを、最後に見ると、ああそなのかーって思えてよかったです。
 
【四期】薄桜鬼御伽草子(おかぞうし)
 
ちびキャラが出てきます。あまり見てません。
歴史好きさんは、スルーでいいと思います。
 
<映画>
 
【劇場版】薄桜鬼・第一章京都乱舞(きょうとらんぶ)
 
「京都乱舞」はアニメ一期の総集編に近いです。
 
【劇場版】薄桜鬼・第二章士魂蒼穹(しこんそうきゅう)
 
「士魂蒼穹」は、京都乱舞の続きですけど、ほとんどオリジナルのストーリーになってます。

 
 

ゲーム好きならもっと楽しめそう♪

 
 
私は、ゲームと呼ばれるものは全くしないので、良いかどうかは知りませんが、ゲームの「薄桜鬼」は、どんどん続編が出てますよ♪
 
 
アニメ化してほしいです。
でも、脚本作るの難しそう。
 
 
「裏語(うらかた)」という、攘夷志士側の視点のも出てますし、新選組も追加キャラが出てます。

    ↓↓↓

 
私的には、イバハチ(伊庭八郎)来たーーーーっ!て感じでした。
 
 
カッコいいんですよ、史実の彼。
試衛館組じゃないので、知名度低いんですけどね。
 
こういう人を取り上げてくれると、今まで知らなかった人も興味出ると思うので、うれしいです。CV宮野真守ってのもいいですね♪
 
あと、坂本龍馬のCV小野大輔ってのもよいですね。
小野さんは土佐(高知)出身なので、土佐弁バッチリでしょ。アニメ好きなら絶対知ってる?有名声優さんなので、紹介は省きます。
 
 
本物の新選組の記事はこちらにあります。^^♪
 ↓
【まとめ記事】新選組の活躍と隊士たちの特徴とその後

 
 

スポンサーリンク