この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


こんにちは。
 
 
後にフランス王妃となるマリーアントワネットは、ヨーロッパの名門ハプルブルグ家の皇女として誕生しました。
 
 
母は、めちゃくちゃやり手のスーパーウーマン・マリアテレジアです。
 
 
そんな凄腕の母親の元に生まれ育ったので、だたのアホなはずがありません。でも、どちらかというと、他の兄弟よりはお勉強が得意ではなかったようです。
 
 
彼女は、座学よりもダンスや音楽に興味と才能があったようです。これはなんだか納得です。
 
 
マリーアントワネットは、革命直後と王政復古(アンシャンレジーム)後、そして現在と、その評価がコロコロ変わってしまった人です。
 
 
ここでは、シュテファン・ツヴァイクの『マリーアントワネット』を参考にして、お伝えします。

 
 

スポンサーリンク

◆マリーアントワネット誕生

 

 
1755年11月2日、マリア・アントーニアは、神聖ローマ皇帝フランツ1世とオーストリア女大公マリア・テレジアの11女としてウィーンで産まれました。
 
 
正式名がすごいんですよ。いきますよ。
 
 
マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハンナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン
 
 
です。(*´Д`)
 
 
もちろん、覚える必要ないです。
 
 
小さいころからお転婆で、とってもチャーミングだったマリーアントワネット。
 
 
ハプルブルグ家特有のちょっとしゃくれたあごと、母親譲りの青い眼とブロンドの髪をして、天真爛漫に育ちました。
 
 
マリーアントワネットは、ダンスやハーブ、クラヴサンなどの演奏が得意だったそうです。音楽の先生は、作曲家のグルックでした。

 
 

◆姉のマリア・カロリーナと大の仲良し

 

【出典元:Wikipedia】

 
彼女にはたくさんの兄弟がいました。その中でもっとも年が近かった3歳年上のマリア・カロリーナとは、ずっと同じ部屋で育てられて、すごく仲がよかったのです。
 
 
マリア・カロリーナは、母・マリア・テレジアにもっとも性格がよく似ていて、勉強が得意な聡明な落ち着いた皇女でした。
 
 
マリーアントワネットとは対照的だったので、かえって姉妹として相性がよかったのかもしれません。
 
 
母のマリアテレジアは、この2人のそれぞれの個性を引き立てるため、養育方法をかなり区別していたようです。
 
 
実は、フランス王妃になる予定だったのは、姉のマリア・カロリーナだったのです。でも、ナポリ王に嫁ぐ予定だったその上の姉、マリア・ヨーゼァが天然痘で急死したため、順番が繰り上がって、マリア・カロリーナがナポリ王に、マリーアントワネットがフランス王に嫁ぐことになったのでした。
 
 
2人は、マリア・カロリーナが嫁ぐまで、同じ部屋で仲良く暮らしていました。
 
 
マリアテレジアの宮廷は、とっても家庭的で、マリーアントワネットたちは、小さいころから家族そろって狩りに出かけたり、バレエやオペラを観に行ったりしたそうですよ。

 
 

◆マリーアントワネットの結婚はフランスとの同盟だった

 

【出典元:Wikipedia】

 
当時のオーストリアは、プロイセンの脅威にさらされていて、伝統的な外交関係を変えなければいけませんでした。オーストリアはフランスと、ずっと仲がわるかったのですが、ここにきて同盟関係を結ぼうとしたのです(外交革命)。
 
 
そのため、マリーアントワネットが、国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)と政略結婚することになったのでした。
 
 
1770年5月16日、マリア・アントーニアが14歳のとき、フランス王太子のルイとの結婚式が行われました。
 
 
式場はヴェルサイユ宮殿です。
 
 
このときから、マリア・アントーニアはフランス王太子妃マリー・アントワネットとなったのでした。
 
 
フランスの宮廷は、マリーアントワネットにとって、冷たいものでした。
 
 
それはまた、次回お伝えします。

 
 

【関連記事】
   ↓


 

 

 

スポンサーリンク