この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


 
こんにちは。
 
 
フランス革命の流れを、年表で見ていきましょう。
年表では、政治体制を「赤字」で表していますよ。
 
三部会
 ↓
国民議会(憲法制定議会)
 ↓
立法議会(ジロンド派) 
 ↓
国民公会(ジロンド派)
 ↓
公安委員会独裁(ジャコバン派)
 ↓
総裁政府
 ↓
統領政府
 ↓
第一帝政(ナポレオンが皇帝に)

 
 
「三部会」から「総統政府」までがフランス革命期の政治機関です。
 
 
ややこしいですね。
 
 
大きな事件・ターニングポイントになった事件は「青字」で表しました。

 
 

スポンサーリンク

フランス革命の簡単な年表


 
◆1789年 5月5日
ルイ16世「三部会」を招集
 
◆1789年 6月20日
「国民議会」設立(←第三身分)
「球戯場の誓い」(テニスコートの誓い)
 
◆1789年 7月14日
バスティーユ牢獄襲撃事件


 
◆1789年 8月
「封建的特権の廃止」
「人権宣言」公布
 
◆1789年 10月5日
パリ民衆の「ベルサイユ行進」
 
◆1789年 10月6日
国王ルイ16世一家のパリ移送
 
◆1789年11月
「ジャコバン・クラブ」設立
 
◆1791年 4月2日
ミラボー死亡
 
◆1791年 6月20日
ヴァレンヌ逃亡事件(~25日)
 
◆1791年 9月3日
「1791年憲法」完成
 
◆1791年 10月1日
「立法議会」成立
 
◆1792年 3月23日
「ジロンド派内閣」成立
 
◆1792年 4月20日
オーストリアに宣戦布告
 
◆1792年 8月9日
「パリ・コミューン」成立
 
◆1792年 8月10日
チュイルリー宮襲撃(八月十日事件)
→王権の停止
 
◆1792年 9月2日
「9月虐殺」(~3日)
ランバル公妃虐殺


 
◆1792年 9月21日
「国民公会」招集
共和制宣言
 
◆1793年 1月21日
国王ルイ16世処刑


 
◆1793年 2月1日
第一回対仏大同盟
 
◆1793年 3月10日
「革命裁判所」の設置
 
◆1793年 4月6日
「公安委員会」設立
 
・1793年 6月2日
ジロンド派議員29人逮捕
 
◆1793年 6月24日
「共和国憲法」可決
ジャコバン派独裁
 
◆1793年 7月27日
ロベスピエールが公安委員会に参加
→恐怖政治が本格化
 
◆1793年 10月16日
王妃マリーアントワネット処刑


 
◆1794年 4月5日
ダントン派の処刑
 
◆1794年 7月27日
テルミドール9日のクーデタ
 
◆1795年 6月8日
ルイ17世(ルイ・シャルル)死亡


 
◆1795年 10月27日
「総裁政府」発足
 
◆1796年 3月27日
ナポレオン・ボナパルトの第一次イタリア遠征


 
◆1796年 5月10日
バブーフの陰謀発覚
 
◆1798年 5月19日
ナポレオンのエジプト遠征
 
◆1798年 12月
第二回対仏大同盟
 
◆1799年 5月16日
シエイエスが総裁に就任
 
◆1799年 11月9日
ブリュメール18日のクーデタ
 
◆1799年 12月25日
「統領政府」発足(~1804)

 
 

おわりに

 
 
フランス革命関連の記事はこちらにまとめています。
まだまだ増やす予定ですので、よろしく♪
 ↓ ↓
 
「フランス革命」の登場人物★マリーアントワネット・ルイ16世・子供たち・ランバル公妃など
 
 
マリーアントワネットについてのおすすめ本はこちらです。
その理由は⇒★この記事でお伝えしています。

 

 
 

スポンサーリンク